top of page
  • o_kataka

福井県にある神明鳥居 坂井市春江町東太郎丸 神明神社



 福井県の鳥居はほとんどが台輪鳥居といわれるもので県外に比べその比率はとても多いです。これは石材屋さんの関係?なのかな。詳細は分かりません。


 今回は鳥居の中でもオーソドックスな神明鳥居のある神社を紹介!神明鳥居の定義が本やネットなどでは若干違うのでここでは


1、笠木が丸く反らない

  鳥居の最上部の屋根のような横柱のことを笠木といいます。この笠木の断面が丸く一直線になっているもの。


2、貫が柱までしかない

  横2本の柱の下の方を貫(ぬき)と呼びます。また、地面から建つ2本の柱はそのまま柱と呼びます。神明鳥居ではこの貫が柱までしかなく突き出ていないのが特徴。


3、額束がない

  鳥居の貫の真ん中に〇〇神社などと社号額がない。


その他いろいろありますがとりあえずこの3つに当てはまる鳥居を探してみると~


1番目の写真・坂井市春江町東太郎丸の神明神社。これはとてもきれいで状態のいい神明鳥居です。注連縄(しめなわ)が端から端まで太さが均等で垂れていないのも神明鳥居の注連縄の特徴!

2番目の写真・勝山市元町の神明神社。勝山左義長祭りで有名な神明神社。雪の多い地域で経年劣化がありますがその感じが味のある状態で今が一番いい雰囲気を醸し出していると思います。

3番目の写真・鯖江市下河端町の河端神社。境内が広く開いているので壮大さを感じる雰囲気の中に建つ鳥居です。


本来は神明神社には神明鳥居があるのがいい思うのですが、神社の中でも神明神社はその歴史が古く長い歴史の中で他の鳥居になっていく傾向があります。数少ない福井県の神明鳥居。個人的に見つけるとテンションの上がる鳥居のひとつです。


 御祭神にアマテラスを祀っている共通点もありまさに伊勢神宮の流れを守り抜いている神社でもあります!

閲覧数:26回0件のコメント