IMG_8281_edited_edited_edited_edited.jpg

不死鳥の如く蘇る越前国

越前市の歴史

古くは奈良時代、越前国の中心・国府が置かれた地で朝倉氏が一乗谷城に拠点を構えるまでは中心地として栄えました。紫式部が一時、住んでいたとされその歴史は古く文化的だったと考えられます。朝倉家滅亡後の越前国を治めた柴田勝家の目付であり与力として府中三人衆の前田利家、佐々成政、不破光治が置かれた。江戸期には福井藩家老・本多富正がこの地を治めている。

越前市関連記事

越前市の神社