17844190376375221.jpg

不死鳥の如く蘇る越前国

福井市中心部では福井城があり越前松平家が代々福井藩を治めました。そのため葵の御紋を御神紋に使った神社が多くみられます。九頭竜川・日野川・足羽川の福井3大河川の水の恵みの祈願・感謝に対する神社も農村部の集落では多いです。主に八幡神社・春日神社。南北朝時代、新田義貞が越前に入り幕府方斯波氏との激戦もありその館跡に建てられる神社もあります。

福井市東部へいくと一乗谷朝倉氏に関係がある神社が多くなります。

​福井市関連記事