池田町龍双ケ瀧

不死鳥の如く蘇る越前国

​ 福井県の中央の山間部に位置する池田町。大自然が広がりる農村地帯で足羽川の十流に位置し龍双ケ瀧やかずら橋などの観光血があります。戦国時代は一乗谷城や大野郡との位置関係から朝倉家の影響を大きく受けた地域で山城がいくつかあります。

  式内社・須波阿須疑神社が町内の中心部に立ち、能や舞などの伝統文化が受けえ継がれています。

  そのほかの神社も特徴的なものが多く、山間部の独特の雰囲気と合わせて特別な空気が流れます。