不死鳥の如く蘇る越前国

眼鏡の街・鯖江市は仏教の町でもあり真宗10派の内の2派がここ鯖江市に本山をもつという浄土真宗の影響の強い地域でもあります。江戸期には吉江藩が置かれたが藩主・松平昌親が福井藩の5代藩主になると福井藩に吸収される。また、1720年には鯖江藩が置かれた。幕末には藩主・間部詮勝が井伊直弼のもとで安政の大獄を行った人物として『井伊の赤鬼、間部の青鬼』と恐れられた。写真は水落町の神明社。結城秀康公が越前に入った時に馬が恐れて進まなくなった為、辺りを調べると神明社があった為、下馬し参拝をし通ったとされる。

鯖江市関連記事

鯖江市の神社

​不死鳥の如く蘇る越前国での人気ワード

不死鳥の如く蘇る越前国の最新記事